石材売り場をやめた後に残る重機

急きょ物悲しい対談をしますが、勤めていた石材店舗がルーティンワークをやめることになりました。
ぼくが担当しているのは、重機の加工だ。
中小企業でしたが、重機は十席もあります。

加工と言われても、こんなにも広い方法どうすれば、という印象でした。
インターネットで重機加工で検索してみると、買取していただける法人が山ほどみつかりました。

便宜上あとから順番に3社に見積もりを依頼しました。
そうするとその3社も見積り、30万円の開きがありました。

単に3社でここまで開きが出るのならば、一段とあともありそうですよね。
ぼくは試しに、3社のうちベスト金額が低かった先に査定の最高額を伝えてみました。
すると、グングンその額に旨味3万円した富を記帳されました。

ひとまず保留にしてもうインターネットで調査を始めました。
すると、他社によって絶対に激しく買い込みます、という発表を掲げている法人を見つけました。
ここで、アッという間にその法人に電話してはいけません。
最後に取り置きます。

ぼくは先五社を周ったらその先に電話して最後の値上がりを通じてもらい即決しようと決めました。
大事なのは、この時点で何社に連絡するか決める事です。
極限五社までにしておかないと、提携している法人を踏んでしまったり、問に慣れたアクセントがでてきて、値上がりできなくなってしまう。

ぼくはこの方法で最初の見積りの倍以上で買い取って頂けました。
みんなもお得に売り払えるみたい頑張って下さい。応援していらっしゃる!歯の黄ばみの原因